結婚式・披露宴の演出〜キャンドル、サプライズからビデオなど…のTOPに戻る
「結婚式・披露宴の演出〜キャンドル、サプライズからビデオなど…」トップ >  結婚式・披露宴の演出の基本 > 結婚式・披露宴での色の演出〜まず式のテーマを決め次にテーマカラーを…

結婚式・披露宴での色の演出〜まず式のテーマを決め次にテーマカラーを…


結婚式や披露宴の会場の雰囲気が統一されていることも大事ですね。
ドレス、ペーパーアイテム、お花、小物、雰囲気、などすべてがバラバラだとなんだか気持ちが悪いですよね。
今回は結婚式での色の演出について調べてみました。結婚式・披露宴の新郎新婦19

色の前にまずはキーワードまたは結婚式のテーマを決めましょう。
たとえば、結婚式は教会で挙げたいという方はテーマを「教会」にします。
「天使」などのように教会にちなんだものをテーマにしてもいいと思います。
披露宴会場のイメージもテーマが決まれば、具体的に決まっていくでしょう。
次にテーマカラーを決めましょう。
上にあげたように「天使」をテーマに決めたなら、“テーマカラーは白 ”になりますね。
白をメインのカラーにして、サブカラーには新婦の好きな色を設定すると、自分たちらしい演出になるでしょう。

結婚式・披露宴の新郎新婦16色のイメージが「ロマンティック」なら、羽・天使・雪といったキーワードが合うでしょう。
色のイメージが「エレガント」なら、シルク・リボン・バラといったキーワードが合うでしょう。
色のイメージが「ノーブル」なら、スクエア・モダン・パールといったキーワードが合うでしょう。
色のイメージが「ナチュラル」なら、コットン・葉っぱ・小枝といったキーワードが合うでしょう。
色のイメージが「クリア」なら、空・海・ガラスといったキーワードが合うでしょう。
色のイメージが「フレッシュ」なら、新緑・フルーツ・ひまわりといったキーワードが合うでしょう。

少しですが、ぜひ参考にしてみてください。

関連コンテンツ

結婚式・披露宴での和装づくしの演出〜日本の伝統儀式などをアレンジ…

結婚式を神前式にした場合、披露宴でも“和の演出”にこだわりたいという方もいらしゃるでしょう。。 しかし披露宴というとキャンドルサービスやケーキカットやなどの洋風な演出のものが必ずついてきますよね。 ・・・